「スタート×キッカケ×ブログ」 あすなろBLOG 2周年記念イベントに行ってきた。

「スタート×キッカケ×ブログ」 あすなろBLOG 2周年記念イベント | あすなろBLOG
あすなろBLOG開設2周年イベントとして、あすなろBLOGカンファレンス『スタート×キッカケ×ブログ』を開催します。
というわけで渡辺千賀さんの頭を拝みにいってきました。

やっぱりこの人は変人でした。
わざわざアメリカから来ておきながら(もちろんこのイベントのためだけじゃないだろうけど)最初に「孤独が一番つらい人は話聞かないで寝てください」とか言い出すし。
猫がいれば孤独でもいいのかなw

内容はいろいろ勉強になった。
一番刺さったのは、自分のスペシャリティーの話のところ。
1つ1つをちゃんとできる人は結構いるけど、2つをちゃんとできる人はそうはいない。
つまり、専門分野を2つ持って、その2つがしっかりシナジーを生む組み合わせであれば、コモディティーになりにくいということ。
彼女の場合、コンサルで培った問題把握・解決能力と商社で培った実動部隊の力。この2つが見事にサプライチェーンの上流下流に位置し、みごとなシナジーを発揮している。

前提として必要なのは専門分野を2つ持てるキャパ・学習能力だよね。

もう一個刺さったのは、アメリカ人がえらくポジティブだって話の流れで出た「アメリカは国を捨てた人たちが集まっている国」という表現。
トップレフトを読んで以来、日本人をやめるという選択肢も視野に入れながら生活してる俺にはとても響いた。

2部ブログ3部ライフハックはまぁそこそこ面白いという感じ。

もうパネルディスカッションのメリットがわからなくてムズムズした。渡辺さんの話がたいして準備してなかったっぽい(パワポが素敵w)にも関わらず、ほんとにうまくオーガナイズされてて心地よかっただけに、パネルディスカッションの論点ずれまくり具合がムズムズした。


今日はもう寝る。


10ru the ka"cat" that she will like

『ネットと家電のキャズムを超えろ!会議』に行ってきた。

いまさら感はあるけれど、DVDレコーダーを買って軽く感動したもんだからこれ
『ネットと家電のキャズムを超えろ!会議』第1回は3/27夜。参加者募集開始
に行ってきた。

ええ。空気を読まずにメタキャスト社の収益のことを聞いた人ですw

内容は他のブログでもとりあげられると思うから感想だけ


1.イノベーションのジレンマってこれか!

教科書通りのイノベーションのジレンマが起きてるのを実感した。
大企業でイノベーションってほんと難しいね。初めてリアリティのある話を聞いたから衝撃を受けた。

いちユーザーの視点から欲しい製品は話を聞く限り技術的には可能。中の人もやりたい。けど、それは企業の政治的な理由でボツが出てる感じ。
だからといって大企業がダメだなんていうつもりはなくて、その政治的なリスクはどれもやっぱ大企業にはとりづらいリスク。
岡本さんもおっしゃっていたけれど、小さな実績を理想像のパーツとして作っていって、気づいたら理想像のパーツが全部揃っていて、理想像の製品ができるという流れでしかイノベーションは起こせない。
イノベーションを速くand早く作りたいのなら、そういう政治的なリスクをとれるベンチャーを立ち上げるしかない。
そう考えると岡本さんと和蓮和尚さんは志を同じくしながら、とる方法が違う二人という構図が見えてくる。


2.企業の垣根ってきびしいね
ベンチャーという話になると当然シリコンバレーが頭をよぎるわけで、陳腐な日米比較論が脊髄反射的にでてくる。
活発にベンチャーをやる「厳しいぬるま湯」の環境が今の日本にない以上、大企業の中でなんとかイノベーションをおこすというアプローチが日本ではメインの方法になるのかなぁと思う。
優秀な人材を囲い込んでる企業間の連携をうまくとれば、シリコンバレーに対抗できるスピードと質でイノベーションが起こせるような気がしないこともない。
ミドルウェアの話にもあったように各社共通の部分を増やしていけば、開発はやりやすくなる。でも片方で手を結ぶ一方、もう片方の手で殴りあわない以上、気持ちよく手を結べるか、このあたりがまさに上で挙げた政治的な問題のひとつなわけで。

たぶん、どの会社の人も心の中ではそう思ってるんだろうから、最初の一声をあげる勇気さえあれば、実はトントン話が進んでいったりしないかなという妄想もできる。
岡本さんが強調してた「なるべく一般的な技術を使って」っていうのは、将来の統合プラットフォームを見据えている開発者なら誰でもそうすることだと思う。お互い手の内を晒してみたら、ほとんど一緒のモノを作ってたっていうオチが想像できてしまう。

この企業間の政治的問題を解決できるのはギークの心を持ったスーツなのかな。


3.モノ作りの魂って素敵
岡本さんのアプリキャストの説明をしてるときやアプリキャストがほめられてる時の顔がめちゃくちゃうれしそうだった。今のご時世、中学生でもあんな素敵な笑顔できないぞww
ギークのものづくりへの気持ちっていうのを感じた。
スーツな俺もあんな笑顔をしてみたい。

4.こういう集まりはやっぱ楽しい
こういうオープンな集まりって居心地がいい!
2の壁もこういうオープンな場所からヒビが入っていくんじゃないかな。
新社会人として社外の世界の重要性を理解した。
ぜひ、次回は懇親会も参加したい!!!!

10ru the exceted beginner of home electronics

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。