無冠の名作『ショーシャンクの空に』を見た。

ひさびさに爆発シーンのない映画を見たw

状況証拠から冤罪になった銀行マンが刑務所の中でたくましく生きるという映画。

個人的には
・絶望の中で希望を持ち続けるには何かすがるものが必要なのかな
というのと、
・年取ればとるほど状況変化に対応しづらくなっちゃうのかな
ということを思った。

前者に関してはネタバレにもつながるのでふれない。


後者は、50年服役してたおじいちゃんが仮釈放になってシャバに戻るんだけど、結局うまく生きられなくて自殺しちゃうんだ。
50年前に刑務所に入って環境に適応できた人が、その逆ができないというのは、入と出の違いもあるけど、年齢による適応能力の変化のほうが大きいんじゃないのかなと。

長年同じことをしてて、その世界にどっぷりつかってて、その道のプロって人が、外的な要因でほかのことせざるを得ない状況になって、うまくajustできない話はよく聞く話で。
陳腐な言い回しだけど、変化がどんどん速くなってる世の中では環境の変化にうまく対応できる人が(勝つではなくて)生き延びるわけで。

じゃあ、どの世界にもどっぷりつからないでやっていけばいいかというと、それだと環境がどう変わっても生き延びられないわけで。

専門性と柔軟性のトレードオフを解消するには、専門分野が2つ3つないと苦しいのかなという気がする。苦しいというか枕を高くして寝れないというか。

ある分野の専門家になる(もしくは世に認知させる)方法。
そんなに数思いつかないからいい方法かの検討すらできないけど、やらないことには始まらないからなぁ。



というわけで、『ショーシャンクの空に』とてもいい映画ですw


ショーシャンクの空に
ワーナー・ホーム・ビデオ (2008-04-11)
売り上げランキング: 446
おすすめ度の平均: 5.0
5 脱帽です
5 若くして人生で頂点に立つと
4 何度見ても名作
5 希望
5 脚本の素晴らしさ、
posted by 10rukaneko at 02:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 未設定

でかい口をたたくからには

でかい口をたたくからにはそれに見合うだけのことをしなくてはいけない。

誰でもできることではなく、自分にしかできない何か。

どんなに狭いスコープでもいい。
どんなに狭い組織でもいい。

自分だけにしかできないことだけがそこでのバリュー。
posted by 10rukaneko at 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未設定

チャレンジは成長のタネなんです。

初めての○○は基本的にすべてチャレンジになる。

初めての学校
初めての彼女
初めての労働
初めての別れ
初めての仕事

そして、初めての役割


チャレンジが人を震えさせ、挫折させ、奈落の底まで突き落とし、そして、成長させる。


10ru the challenger
posted by 10rukaneko at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未設定

もう突っ走るって決めたから

しばらくは前だけを向いて生きてもいいと思うんだ。
posted by 10rukaneko at 00:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 未設定

休日の早起き

今日は目覚ましを8時にかけたにも関わらず、6時に勝手に目が覚めた。2度寝もなし!

休日に早起きできると、デキル子オーラが沸いてきて気持ちいいw

昨日があまりにもデキナイ子の一日だったから、今日は2日分生きたいと思う。

10ru the Man Afraid of Oversleep after GW
タグ:早起き 休日
posted by 10rukaneko at 06:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未設定

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。