僕には癖がある。

話を聞いてる時に、内容を先読みして言葉尻を話者より先にいってしまう癖だ。相手がうまい表現を見つけられなくて困ってる0.5秒くらいの間に言葉を補ってしまう。

これがいい癖にも、悪い癖にもなりうるというのを今日学んだ。

うまく働けば、話をちゃんと理解してる、話を聞いている、という印象を与える。

しかし、先読みが間違っていたり、相手が話を単に聞いてほしいだけだったりすると、これは逆効果。


今の仕事の最大のバリューはヒアリング能力だと思う。(技術的知識は時が解決するし、論理思考エンジンは40%も動いていれば十分だから)
とするとこの癖は伝家の宝刀にもアキレス腱にもなる諸刃の剣になるわけだ。

場面を見極め、先読みレベルを調整していくしかない。会話の中での自分の位置づけ、相手の目的・・多くのシグナルを読み取ってしっかり認知しながらやる必要がある。
posted by 10rukaneko at 01:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
Amazon ベストセラー
この記事へのコメント
しっかり自己分析できてるよねw
Posted by swb at 2008年11月18日 02:13
ん?嫌味?w
Posted by 10tu at 2008年11月18日 02:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。