今日の怒り

意味付けのない数字に価値はない。




posted by 10rukaneko at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俺語録

カリスマ性とは言い切る力であるという仮説

昨日、ラーメン食いながら話していて、思いがけず自分の口から
カリスマ性とは言い切る力である。


という言葉ができてたので徹夜ついでにもう少し考えてみる。

いや、ほんとに思いがけなかった。
日ごろから考えてるようにしゃべってた(他人事)けど実際言葉になったのは初めて。
そういうアウトプットを引き出してくれる彼に感謝。

カリスマ性とはスキル的に何であるかをここではカリスマに影響されたの状態から考えてみたい。

カリスマに影響された人はカリスマに酔い、思考停止に陥る。そして、カリスマの勧めるがままに行動を規定された状態になる。

もちろんそうなることによっていいこともあるんだが、思考停止になるということは自分の人生を生きることを放棄することと同意だと思ってる僕としてはこのカリスマ性という少数の人間が持つ(そして僕は持たない)性質に批判的にならざるを得ない。

話を戻す。
まず最初の段階・思考停止。
「この人ってすごい人なんだ」「この人についていけば間違いない。」そう思わせることである。
巧みな話術や偶然を装って普通のことをすごく見せたり。カリスマにとって当然のことでも披影響者にはびっくりするようなことを2,3見せてれば、ちょっと頭弱い人なら思考停止になってしまうだろう。

次の段階・行動規定。
前段階がしっかりしていないとここでボロがでるだろう。
普通は言い切れないようなことや逆説的なことを言い切る。そうすることで思考停止に陥った人をいとも簡単に操ることができるのだ。


まとめると
人を思考停止にするための仕込みとしての"演出"と、思考停止した頭を動かす最後のとどめの"言い切り"こそがカリスマ性を発揮するテクニックなのではないだろうか。


というのが今日の結論。
posted by 10rukaneko at 03:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

エジプト旅行記 1日目 カイロ〜仮眠

カイロ市街地に入る。

時間はもう午前一時を回っているにも関わらず、かなり人がいる。
ドライバーに「彼らがいつ寝ているのか」と聞いてみると、夜寝る人は昼起きていて、夜起きてる人は昼寝てるんだと。なんてシンプルなwwww
カイロの夜型人間の割合は世界でも有数なんじゃないかなと思った。

そうこうしてるうちにホテルについた。
カイロ のユースホステル - New Palace Hotel
なんか雑居ビルっていう感じの建物の6階だった。
もちろんエレベーターで上がったんだけど、エレベーターの扉が日本と全然違っていてびっくりした。
普通の扉なんだもん!!!
普通の部屋の扉を引くとエレベーターになってるのwwww
エレベーターを呼ぶボタンを押してしばらくすると「ガタッ」って音がして扉を開いて中に入る。中のボタンを押すと動き出すのは変わらないんだけど、カーゴの内側の扉がないから通過する階が中から見えるという感じ。

最後までこのタイプのエレベーターには慣れなくて、呼んで「ガタッ」って鳴って、しばし二人がボーッとしてるというシーンが何度かあったwwww

ホテルのフロントにつく。

俺たちの担当になってくれたのはメタリカというあだ名(バンドやってるかららしい)の24の悪役で出てきそうな顔のやつだった。

とりあえず荷物を部屋において食堂でウェルカムドリンクをもらう。
話を聞くと、ツアーをくんでくれるという話だったので、ノープランだった俺たちは一通り希望を伝えて、"Crazy"とか"Japanese are greedy"とか言われながらも強行スケジュールで一人240ドルでdone。日本で同じツアー組んだらいくらするんだろ。

気づいたら4時頃。

次の日の確認をしてシャワー浴びて3時間の睡眠へ。


目次はこちら
エジプト旅行記-目次えじ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。