金持ち父さん貧乏父さん-ロバート キヨサキ

実家に眠っていた。読み切った記憶がないから読んでみた。

P26
一方の父がよく「金への執着は悪の根源だ」と言ったいたのに対して、もう一方の父は「金がないことこそが悪の根源だ」と言っていた。


P52
「人間には2種類ある。一つは人生につつきまわされても、ただそのままにしておく人たち。もう一つは、怒ってつつき返す人だ。でも多くの人はつつき返すときに相手を間違える。上司や仕事そのもの、あるいはだんなさんや奥さんに向ってつつき返すんだ。みんな人生が自分をつついてるとは知らないからなんだな。」

P207
たいていの場合、人が金銭的な成功を手に入れられない最大の原因は、金持ちになる喜びよりも損をする苦しみのほうを考えてばかりいるからだ。テキサスにはもう1つ、「だれもが天国に行きたがるが、死にたがる人はいない」とういう格言がある。世の中の大部分の人が金持ちになることを夢見ているが、損をするのを恐れるあまり何もしない。だから彼らは決して天国に行きつくことはないのだ。


P238
これらの偉大な投資家たちの大いなる頭脳に近づく唯一の方法は、おごらずたかぶらず、謙虚に彼らの言葉を読んだり、耳を傾けたりすることだ。自尊心が高くて人の話を謙虚に聞けない人、批判ばかりしている人は、本当は自分に自信がなくて危険を冒すことができない人間である場合がよくある。その理由は明らかだ。なんか新しいことを学ぶとき、それを完全に理解するためには失敗を冒す必要がある。自信がある人でなければそんなことはできない。

金持ち父さん貧乏父さん
ロバート キヨサキ
筑摩書房
売り上げランキング: 165
posted by 10rukaneko at 17:54 | Comment(42) | TrackBack(3) | 読んだ

螺鈿迷宮(海堂尊)を読んだ

上巻P119
桜宮巌雄
「死者の言葉に耳を傾けないと、医療は傲慢になる。」

上巻P130
桜宮巌雄
「誰でも死の前では平等だが死に際し誰もが平等に扱われるわけではない。」


下巻P51
桜宮巌雄
「闇に光を当てれば、隣に別の闇ができるだけ。光には闇が寄りそう。これは普遍の真実。光が強ければ闇も深い。これもまた永遠の真理」

下巻P189
桜宮巌雄
「最後に忠告だ。大きなことをやりとげるなら、薄暗がりに身を潜めろ。

螺鈿迷宮 上 (角川文庫)
海堂 尊
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 277

螺鈿迷宮 下 (角川文庫)
海堂 尊
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 310

posted by 10rukaneko at 02:11 | Comment(1) | TrackBack(1) | 読んだ

ジェネラル・ルージュの凱旋(海堂尊)を読んだ

上巻P26
田口公平
「手続きを飛ばして正義を貫こうとして、刃は肝心の所には届かない。いつか必ずしっぺ返しに遭って叩き潰される」

上巻P100
高階権太
「彼は既存のルールを軽視する傾向がある。そうしたメンタリティの人間が修羅場に直面し、しかも自分の思うように動けない場合、往々にして境界線を踏み越える。」

上巻P107
速水晃一
「暗さも徹底すると、かえって明るく感じるんだ」



posted by 10rukaneko at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ

ネットビジネスのポイント

参入障壁が低く、潜在的な裁定機会はすぐなくなっちゃうようなネットビジネス。そのポイントとは何か。

今日までの結論

1.いかに他人が見落としてた点に気づくか。なぜ自分だけが気づけたかがしっかり説明できること。
2.いかに参入障壁(=マネできない点)を作るかSNSだったらネットワーク外部性・ポータルだったら知名度・検索エンジンだったら精度(とエンジニア)っていうのは過去が証明してる。
3.スモールビジネスを心がける。潜在的な裁定機会をつかめたとしても参入障壁が低い分、簡単にそのパイは食われる。すぐに撤退できるっていうのはとても魅力的。
posted by 10rukaneko at 02:24 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記

2008年と2009年のあれこれ

これまで、誕生日とか、正月とか、いわゆる節目と呼ばれる日が大嫌いだった。
だって日々はシーケンシャルに続いていて、その日を境に、その日であるということが理由で、本質的に何かが大きく変わるということはないのだから。

少し考えが変わりました。
節目ってのは人間がより簡単によりよく生きていくために生み出した発明なんです。
こういうときに日ごろ考えるよりも大きなスケールで物事を考える機会を生み出す装置なんです。
少し大人になったかな?w


2008年はついに本番環境としての社会に飛び込む年になりました。
高校生のときから早く社会に出たいと思っていて、それで4年制高校と呼ばれる環境の中でさえ、浪人も避けた身としては、待望の1年だったわけです。

ただ、スキル対タスク的には大学時代のほうがつらかったような気がしている以上、まだまだ本当の試練は訪れていないと考えるほうが妥当でしょう。
本当の試練が訪れた時、自分がどうなるのか、自分がどこまでアクセルを踏めるのか、楽しみでしょうがない。

オラーワクワクしてきただだだだー


2009年は3つの目標に沿って行動したい。
(どうしてもマジックナンバー・3に合わせたいw)

1.英語
同期英語勉強会が大阪行きで自然消滅になってしまったのは申し訳ない。

こっちで俺のメンターさんを中心にした若手の仲のいい集団で英語勉強会(おもにTOEIC対策)が1/10から始まる。そこで講師的なロールをするので、具体的には「自分含めメンバーのTOEICスコアを1年で50点ずつあげる」を目標にしておきたい。
もうTOEICはいいかなぁとか一瞬思ったけど、メジャー可能な指標という意味ではTOEICがわかりやすいってことで、この目標で。


2.アウトプット
内容問わず、媒体問わず、対象問わず、なるべく高品質なものを、なるべくたくさん、アウトプットしていきたい。
意識しないとインプットばっかりになってしまう。
無意識下の行動(≒習慣)を変化させるには、絶え間なく意識することが必要で、毎晩100回くらいアウトプットと言って寝たいと思う。

具体的には、
・金融工学の復習として内容のパワポ化
・財務の復習として内容のパワポ化
・仮想化についてのブログを書く
・仕事のレスポンスをもっと早く
あたりかなぁ。この辺は未定。


3.顧客の心掴む
技術は非常に重要です。でも、その技術で顧客がどれくらいハッピーになれるかのほうがもっと重要です。
幸か不幸か、ハードに関してはなまじ製品力があるもんだから、単に説明しただけでもその案件では売れてしまう。それだけじゃ、このマーケット状態でビジネスの拡大は望めない。
単に買ってもらうだけじゃなくて、ギリギリの勝利じゃなくて、うちの製品にメロメロになってもらって買ってもらいたい。

そのためには技術の勉強をするのは当然。でも、技術力なんてそこそこやって年を重ねれば誰でもつけられるわけで、そんなところに継続が苦手な俺の付加価値はないと断言できる。

幸い、大阪は組織が小さい。ギリギリ個人の力で何かを変えることができると思ってる。
やれることは全部やるつもりで。
posted by 10rukaneko at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。